水戸サポあるある。

「天然」という文字が、一瞬「大然」に見える。

この前、今シーズンの水戸のゴール集みたいな動画を見たんだけど、
他の選手が決めたゴールでも直前のプレーから戻すと、

大然のプレスから生まれたチャンスだったり、
大然の突破から生まれたスペースだったりと、
けっこうな頻度で得点パターンに、前田大然が絡んでいました。

君は前田大然を見たことがあるか
原さんも、そんな事を言っております。

ほんと、ケーズデンキスタジアムで彼のプレーをぜひ見てほしい。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
サッカー | 2017/09/02(土) 03:09
オリジナル10の名古屋グランパスと、
水戸で試合をするのは、なんかちょっと変な気分。

思えば名古屋グランパスと言ったら…
言ったら…

あれ、あんまりエピソードが思い浮かばないぞ。

出てきたのは、友人のトンボ隊長の顔と、
これまた別の友人からの、
「グランパスくんはマスコットの中で唯一裸やねんな」という言葉。

実にどうでもいい。

そんなグランパスとは来年も楽しくサッカーやりたいんで、
ぜひ魅惑のJ2沼にハマって下さい。
今では東京Vや千葉さんからも評判で、とても気に入ってくれています。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
リーグ後半戦を戦う水戸に、新しい武器が生まれた。

前半戦、抜群のコンビで得点を量産してきた、
林陵平と前田大然の「H&M2トップ」。

そして今回、夏の移籍で加入した「齋藤恵太」というオプションが加わり、
同じく50mを5秒台で走る前田大然との「超高速2トップ」が誕生。

目に見えるスピード、越えてくモーションで、
見事、強敵京都を切り裂きました。


※関係ないけど2:20あたりの15番・染谷は、とんだとばっちり。

野球でもサッカーでも、強いチーム、結果を残すチームには、
いつしかそれを象徴する勝利の方程式だったり、
黄金パターンといった代名詞が生まれるけれど、

そんなオプションを二つも手に入れた水戸は、
もしかしたら、もしかする域にたどり着こうとしているのかも知れない。

まさにNEXT LEVEL。
最強のレジェンド、見逃すな!
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
サッカー | 2017/07/29(土) 01:34
勝ったぞー!



いつものように誰よりも近い場所で、
まったく試合は観戦出来ない状態でしたが。

水戸の1点目、前田大然は相手の最終ラインよりも後ろの位置から一気にちぎって、
湯澤からのパスに合わせているんだね。
さらにここは、相手を上手く引き付ける林の動きも素晴らしい。

しかしスタッツだけを見ると、
後半45分に同点にされて、後半50分の最後のプレーで勝ち越しと、
水戸にはどんだけ優秀な演出家がついているのか、と。

さらに、シュート3本で3点という結果も、見方によっては凄い。
ほんと今年のホーリーホックは面白いよ。

ちなみに本日のヒーロー、齊藤隆成。
サインの締めには☆マークを書いてくれます。
「隆成と流星を掛けてるんですか?」 『そ。字は違うけどね。可愛いでしょ?』 との事。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
水戸ホーリーホックは、
最初のコラボ以来ガルパン一択で、
年々、深く良い関係を築けている印象だけど、

一方で、東京ヴェルディは、
とある科学の超電磁砲とか、甘城ブリリアントパークとか、
銀魂とか、フレームアームズ・ガールとか、

話題性のある人気作とのコラボで、商業的には上手いと思うのだけど、
一途で不器用な水戸サポからすると、
どうも節操ない気がして、あんまりいい印象ではないのよね。

それこそ、なんだか川崎市を腰掛けにして捨てた、
ヴェルディそのものの歴史的を見ているようで。

ま、それはそれとして。
水戸の事が、こんな感じで取り上げられた。

J1を目指す、目指さないという問題ではなく、
ここまで裾野の広がったJ2クラブの向かうべきところっていうのは、
こういう勝敗を超えたエンターテイメントなのかも知れないなぁ。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
J2の東京Vが、
元イタリア代表のフランチェスコ・トッティの獲得を断念したそうな。

まー、来ることはないだろうなーとは思っていたけれど。

さっそく今月末の試合が水戸戦だったりしたもんだから、
ケーズスタがトッティ祭りになるんじゃないかっていう、
馬鹿な話題で盛り上がっていました。

tod01.jpg
いい夢を…見させてもらったぜ…
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
サッカー | 2017/07/06(木) 02:24
なんでか正しく覚えてもらえない事が多い、
ホーリーホックという名前。

ホーリーホックスなんてのはざらで、
ホーリーフォックス(聖なる狐)、ホーリーホークス(聖なる鷹)、
ホーリックスなんてのもあった。

そもそもHOLLYとHOCKではなく、
HOLLYHOCKで一単語なのだという事を、
Jリーグの中の人も含めてあんまり理解されていない気がします。

最近は、フォウリィーホックなんてのも聞いたなぁ。

(`⊂⊃´) リキトアの魔女か!
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »

Thanks Access!

ぱたごに家に戻る

最近のトラックバック
 
月別アーカイブ
 

ブログ内検索
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文: