水戸ホーリーホックは、
最初のコラボ以来ガルパン一択で、
年々、深く良い関係を築けている印象だけど、

一方で、東京ヴェルディは、
とある科学の超電磁砲とか、甘城ブリリアントパークとか、
銀魂とか、フレームアームズ・ガールとか、

話題性のある人気作とのコラボで、商業的には上手いと思うのだけど、
一途で不器用な水戸サポからすると、
どうも節操ない気がして、あんまりいい印象ではないのよね。

それこそ、なんだか川崎市を腰掛けにして捨てた、
ヴェルディそのものの歴史的を見ているようで。

ま、それはそれとして。
水戸の事が、こんな感じで取り上げられた。

J1を目指す、目指さないという問題ではなく、
ここまで裾野の広がったJ2クラブの向かうべきところっていうのは、
こういう勝敗を超えたエンターテイメントなのかも知れないなぁ。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://patagoniblog.blog39.fc2.com/tb.php/4372-91ade458
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント

Thanks Access!

ぱたごに家に戻る

最近のトラックバック
 
月別アーカイブ
 

ブログ内検索
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文: