くいもん | 2017/02/23(木) 19:07
余計なお世話だとは承知ですが、
町なんかによくある、個人で経営されているお店って、
あんまりお客さんで賑わっている風でもないのに、
どうやって安定した収益を得ているのか、

私、気になります!

私、気になります!

…というわけで、会社の近くにあって以前から気になっていた、
ダルニー食堂 大連へ足を運んでみた。

天に輝く五つ星、五星戦隊…

ダルニー食堂1

大連じゃ!

曰く、81.5歳(!?)という大将が、おひとりで営業されている、
創業40年という年季の入った地域の中華屋です。

これまでずっと謎だったダルニーってのは、
大将の生まれ故郷である満州・大連の、ロシア統治時代の呼び名との事。
(てことは、店名は大連食堂大連って事か)

えーと、近代史はあんまり詳しくないのだけど、
戦前、当時の満州国ってのは、
中国だけど日本の領土、いわゆる植民地だったわけだよね?

そんな国で幼少期を過ごし、九州へ移って、そして茨城にやって来たそうです。

初めは土建屋に就いて、それから個人経営のスーパーをやって、
今の定食屋になってからは何だかんだで40年。
スタート当時の10年~20年は良かったけど、近頃はさっぱりだねぇ…と。

あ、これ全部、話好きの大将からの証言です(笑)
飯食っているそばから、何だかそんな流れになっていました。

いやー、しかし81.5歳かぁ…。
まだまだ元気そうだし、腕も頭もしっかりしているもんだなぁ。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://patagoniblog.blog39.fc2.com/tb.php/4165-7ffcaf91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント

Thanks Access!

ぱたごに家に戻る

最近のトラックバック
 
月別アーカイブ
 

ブログ内検索
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文: