歴史 | 2013/02/13(水) 21:13
光圀伝から遅れること4ヶ月くらい。
冲方丁の天地明察を読み始めた。

下巻に入って、ようやく光圀伝とのリンクが見られるようになってきたところ。
主人公が改暦の儀を決意したくだりで、目頭が熱くなってしまった。
けど、まだこの先に谷と山があるんだよなー。

寝る前にこつこつと、じっくり読んで行きたいところだけど、
面白くて、すらすら読み進められてしまうのが何とももったいない。


天地明察(上) (角川文庫)天地明察(上) (角川文庫)
(2012/05/18)
冲方 丁

商品詳細を見る
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://patagoniblog.blog39.fc2.com/tb.php/2738-c77b57bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント

Thanks Access!

ぱたごに家に戻る

最近のトラックバック
 
月別アーカイブ
 

ブログ内検索
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文: