アニメ | 2017/06/12(月) 21:17
ここ数年分のブランクを補完するように、
最近、俄かに再燃しつつあるアニソン熱。

ザッピングしながら気に入った曲を、
iTunesで聴いたり買ったり。

今回はAltimaのBurst The Gravity。



m.o.v.eの解散以来、
久しぶりに聴いたmotsuがmotsuでしかなくて、
何だか笑えた。

…ごめん。そうは言ってもこれ、もう5年前の曲。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
アニメ | 2017/05/28(日) 22:01
最近、家でのPC作業中、
BGMとしてyoutubeなんかで、アニメOP集みたいなのを流しているのだけど、

いやー、しばらく見ない(聴かない)間に、
なかなか気になる曲が増えましたねぇ。

大多数の皆が俺に抱いている印象と異なり、
たぶん最後に見たアニメは、BDを買って見たガルパンじゃないかってくらい、
ほんともう何年も、まともにアニメなんて見た事ないわけで。

やっぱりたまには勉強しないとよくないね。

あとOP映像という形で久しぶりにアニメを見たら、
これはどんなシートを切っているんだろうとか、
どんな指示や撮影をすればこんな映像が撮れるのだろうとか、
そういうのをとても考えてしまいました。

これはまぁ一種の職業病。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
先日、大洗に行った折り、
そういえば少し前につるつる作戦があった事を思い出した。

アニメ・ガールズ&パンツァーと日清食品のコラボレーションで、
オリジナルのカップヌードルを販売するとかいう話。

その時に話題となったのが、
Ⅳ号戦車の砲弾を模したカップヌードル入れ、
その名も砲弾型ストッカーなのですが、

先ほどのサイトを見てみると、販売価格:32,184円(税込)

思わず目を疑いましたが、マジで32,184円(税込)。
いくらオタクは金持ちだからって、
なんといういともたやすく行われるえげつない行為!!

内容物は、オリジナルの化粧箱に、
砲弾型ストッカー、オリジナルポスター、カップヌードル(6食分)。

少し前に、100円のコーラを1,000円で売るようなタイトルの本が流行ったけど、
1杯150円くらいのカップヌードルを、
雑に計算して5,000円で売るこんな方法があったなんて…。

いやー、それにしても、
いつも秋山殿が装填しているⅣ号戦車の実弾って…

実弾

思っていたより大きいんだね。 ←え!?
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
アニメ | 2016/11/25(金) 23:29
吹きすさぶ風がよく似合う。

この前、東京行ったついでに中野に寄ったら、
パネルなどを展示しながら、
ブロードウェイ全体でサイボーグ009を押していました。

そういや何か新しいのやるんだったな。

石ノ森タッチの丸っこい、ユーモラスな感じが無くなって、
イマドキ風にリデザインされたサイボーグ戦士たちは、
ジェットの髪型とか鼻とか、オリジナルがどうこうって言いださなければ、
キャラとしては嫌いじゃないです。

あの特徴的なコスチュームも、
今回は赤の強化装甲みたいに解釈されているし、
そこにある謎の黄色いボタンも、装甲のボルト的に絶妙に組み込まれている。

名作のリメイクって、つい非難が付きまとうものだけど、
こういう新解釈のもとリデザインできるセンスは、
凄いなーって素直に褒めてもいいと思う。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
アニメ | 2016/10/23(日) 19:41
先日活動休止を宣言した藍井エイルのベスト盤、
『BEST -A-』と『BEST -E-』をダウンロードしてきた。

AとEって何だろうって思ったけど、
たぶん藍井とエイルだ。
アナハイムエレクトロニクスじゃなかった!

この人の歌は、ガンダムAGEの『AURORA』を聞いた時に、
楽曲の疾走感と伸びのある歌声が、
久しぶりにピコーン!と来たのだよね。



あと目鼻立ちが整っていて驚くほど美人。
活動休止ってのがどこまでのレベルなのか分からないけれど、
これが事実上のファイナルベストとなってしまうのは、とても残念に思います。

彗星かな? いや違う、違うな。
彗星はもっとこう、バーッて動くもんな!
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
しばらく前にアマゾン屋さんから何か荷物が届いており、
中身はガールズ&パンツァー劇場版のBD(特装限定版)だった。

(`⊂⊃´) 戦車道、きたぁー!

つーわけで見た。
やっぱりセンチュリオンってカッコいいな。

あと今回、大画面を引きで見る劇場ではなく、
小画面を寄って見るテレビ画面だから気付けたんだけど、
戦車とクミを切る引きのキャラクターって、
ほとんどがCGで描かれているんですね。

アウトレットでの福田ちゃんとか、
ジェットコースター上のアンチョビとか、
キューポラから身体を出しての細やかな動きが、けっこうぬるぬるしていた。

やっぱり細かい所にも手が掛かっている作品なんだなぁ。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
アニメ | 2016/03/02(水) 22:59
そんなわけで、ついにガールズ&パンツァー劇場版、
噂の4DX版を見てきました。
通常版も含め、これが3回目。
同じ作品をこんなに見るのは生まれて初めてだ。

この番組、作品の7割は戦車に乗っているのですが、
その間、ほぼ揺れっぱなし。
戦車の振動が、酔うと言うより軽いマッサージ気分で、
特にボコミュ-ジアムでのでなんか、ピンポイントで気持ち良かった。

砲弾を横切るたびにシュッと吹く風や、
プラウダ高校の例のシーンの雨演出、
そして、車体によって微妙に振動パターンが異なるの細かい配慮。

こういったものは本来、
映画を見る上では気が散る、余計な演出のように思っていましたが、

むしろ通常版より激しい臨場感と、深い没入感を味わう事ができ、
まさにこれが映画ではなく、体験型アトラクションの類だということを知りました。
ラストの巌流島コンビvsセンチュリオンの迫力とか、特によかったなぁ。

じゃあ、最後はお馴染みのアレで。

(・⊂⊃・) ガルパンはいいぞ!
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »

Thanks Access!

ぱたごに家に戻る

最近のトラックバック
 
月別アーカイブ
 

ブログ内検索
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文: