ガンダム | 2017/07/19(水) 21:56
アナハイム・エレクトロニクス社が開発したエゥーゴの可変合体試作MS。
コードネームはθガンダムであり、
ロールアウト時の制式名称は「ZZガンダム」。

恐竜的進化を遂げたMSの最終到達点とも言える過剰なスペックや、
各種外伝作品での脳筋デブ的な扱いなど、
ZZってあまり好きになれない部類の機体なんだけど、

なんだろうなぁ。
実は昔からそうなんだけど、たまにZZガンダムが、
すごくカッコよく思える時があるんです。

今回、改めてMG化されるZZのキットを見た時も、
久しぶりにその感覚を思い出し、
ZZってカッコいいものなんだという認識を改めて覚えました。

機能美とか、造形美とか、
当時の技術の集大成たるこの機体にも、やっぱりそういうのがあるんだよね。

あと「ZZ」と書いて「ダブルゼータ」って読ませる名前の響きが、
実に味わい深い。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
ガンダム | 2017/06/29(木) 23:23
たまに聞くと、何だか燃えるガンダムBGM。


機動戦士ガンダム 第08MS小隊より"戦士"。

1年戦争時代の地上は、この埃っぽい感じが溜まらんとです。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
ガンダム | 2016/08/20(土) 17:12
ケガキ針を落として、先っぽを曲げてしまった。

…ので、新しくGSIクレオスのMr.ラインチゼルという商品を買いました。

東京にいた時は、新宿なんかが近かったから、
気軽にツールもマテリアルも簡単に買えたけど、
茨城にいると、近くそこまで品揃えのいいお店はないもんだから、
ほんとamazonさんが役に立ちます。

さて、このラインチゼル。
買ったのは0.15mmのものなので、
当然掘り込むモールドはその幅になるんだけど、

1/144スケールのガンプラで0.15mmって事は、
実際のサイズでいうと、144 * 0.15 = 21.6mm。
このモールドは、2センチちょっとの溝やら隙間という事になる。

18mクラスの工業製品とはいえ、
2センチも隙間ができるってのはどうなんだろう…。
(お台場のガンダムをノギスで計りに行きたくなった!)

リアルかどうかでいうと、たぶんリアルじゃないと思うんだけど、
ことガンプラに求められるリアルってのはそういう事ではなく、
リアル(に見える)って解釈なんだろうな。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
ガンダム | 2016/08/18(木) 14:17
HGのアメイジングレッドウォーリアを取りあえず素組みした話。

素組み

好みのほっそりしたスタイルだし、
脛と足の甲の合わせ目消しくらいで、あとは気になるところはあんまりない感じ。
(腕と腿の合わせ目は、パネルラインって解釈で逃げようと思う)

そうだな、しいて言えばスカートアーマーでも少し延長させようかな。
あと、ウェポンアームと足首パーツの肉抜き穴と、
甘くなったモールドに手を加えつつ…と、考え出すとどんどん出て来る(笑)

ま、そうは言っても、あくまで好みと、
少しいじらないと気が済まないっていう自己満足のレベル。

普通に組み立ててこれだけのものができるのだから、
ほんと、いい時代になったものです。

合わせ目を極力目立たなくさせるパーツ構成や、塗装を考慮した分割構造など、
久しぶりにガンプラを作ると、その技術の進歩に毎回驚かされます。

もっとも、今のこの感動も、
数年後には過去のものとなってしまうのだから、
恐るべし、バンダイ驚異のメカニズム。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
ガンダム | 2016/08/15(月) 20:53
T家に行くと、もれなくガンプラが作りたくなる衝動。
そりゃお互い、あれだけ楽しくガンプラの話をしてしまうとねぇ…。

前回は、帰りがけに名古屋のビックカメラに寄って、
PS3のガンダムブレイカーを買って帰りました。

今回は…

ganpura2016

世代的にはグッと来るアメイジングな紅いやつ(HG)と、
主役なのに主役扱いされない不遇のガンダム(RG)。

さて、どう手を付けて行こうかな。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
ガンダム | 2015/10/16(金) 21:05
新品で安かったので、
2014年5月29日に発売された、
機動戦士ガンダム サイドストーリーズを買った。

当時は、ブルーディスティニーや、ジオニックフロントなど、
過去の外伝作品のストーリーが収録されている事で話題になりましたが、

本作としてのメインシナリオ、ミッシングリンクは、
連邦のスレイヴ・レイス隊と、ジオンのマルコシアス隊の物語。

特にジオン編の、開戦に際し結成された新人部隊が、
オデッサや、ジャブロー、ソロモンといった激戦を経て、
名実共に戦士として、エースとして成長していく様が面白かったな。

キマイラ隊のジョニー・ライデン大尉に、
『俺たちエースの仕事さ。楽勝だろ?』なんて認められたら、
光栄すぎだろ!!

あんまりジオン系のMSは好きじゃないのですが、
B型の高機動型ゲルググはなんか好き。
HGで俺ゲルググでも作ってみたいなぁ。

左右の爪に、蛇の尻尾…そして必殺の牙。
そう、それが俺たち…マルコシアス…だ。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
ガンダム | 2015/05/16(土) 00:50
ガンダムの1/100スケールプラモデル、
MGシリーズの最新作がジムキャノンだって話で、

つい「今さら!?」なんて言葉が出てしまったが、
考えてみれば、軒並み人気MSが出揃った今じゃなきゃ、
きっとこんな企画は通らなかっただろうなって、妙に納得。

正確には、プレミアムバンダイでの数量限定生産みたいです。

しかし、ま、ジムキャノンですよ、ジムキャノン。
数あるジムシリーズの派生機の中でも、
とりわけ俺にとっては好きじゃない部類に入る、この機体。

なんか取って付けたような、
バランス悪い感じの240mmキャノン。

パンタロンみたいな末広がりの脚部装甲。

ジムの派生機なのか、ガンキャノンの簡易量産型なのか、
よく分からない開発系譜(ポジション)。

まぁ、バウンド・ドック同様、
マニアの中ではこのモビルスーツが一番かっこいいという人もいるんだろう。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »

Thanks Access!

ぱたごに家に戻る

最近のトラックバック
 
月別アーカイブ
 

ブログ内検索
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文: