DIY | 2017/03/03(金) 23:18
もうひとつDIYって程でもないのだけど、

流木ハンガー1

以前、シーグラスついでに拾ってきた流木を、
麻紐で長押に吊るしてハンガーラックにしてみた。

最近流行りのテイスト。
部屋が部屋なら、もっとオシャレに見えたかも知れませぬ。

流木ハンガー2

ただひとつ想定外だったのは、
思っていたよりも径が太くて、ハンガーによっては引っ掛からなかったりします。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
DIY | 2017/03/01(水) 16:21
前回の謎の木工品の答え。

一言で説明するのは難しいので、
つまり、こんな感じ。

シューズラック

靴とか鞄とかの置き場って事で、
はい、宜しかったでしょうか。

使わない時はフラップをたたんで。
たまたま良い場所があったからなんだけど、通常の靴箱的なのと違い、
裏側のスペースが活用できるのもポイントなんだな。

緻密な計算のもと作ったはずなんだけど、
出来上がってみると、ダボの位置が甘かったり、
フラップの可動がきつかったりと、色々不具合がありまして。

ま、この辺りの不正確さも含めてDIYって事で。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
DIY | 2017/02/28(火) 20:25
ズバット2
スッ

ズバット1
できたぞぉーーー!!

本日のDIY。

diy01

さて、これは一体何でしょう?

diy03

【ヒント1】 板の部分がフラップ的にパタパタと可動します。

diy02

【ヒント2】 ちょうど垂直に引っかかる位置のダボがポイント。

diy04

【ヒント3】 2組でひとつの使用を想定しています。

うーん…難易度が変えられる竹馬とか?

答えは次回。
てゆーか、設置する段階になって寸法を見誤っていたので、
使ってる所の写真が撮れなかっただけ。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
DIY | 2016/10/20(木) 21:24
どうも、おいらです。

いい材料を見つけると、
それを使って何か作りたくなるDIY熱が高まります。

今回、建築現場の廃棄用コンテナをあさって出てきたのが、
こんな材料。

いい材料

寸法は560×220×20mm。
積層材の表面に無垢テクスチャの化粧板が施されている、
なかなかの上物です。

最初、階段の踏み板かなと思ったのですが、
実際の建物でそれらしい部材を探したところ、
恐らく窓の手前にある『窓台』と呼ばれる代物だと思われます。

さて、これをどう使って、何を作ろうかな…。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
DIY | 2016/06/01(水) 19:24
実は昨年末には既に設計図を完成させ、
材料も用意していたのですが、

ずっと都合が悪かったり、天気が悪かったりで、
なかなか手を付けられない日々が続く中、
色んな条件が整ったので、今日で一気に完成まで仕上げました。

今回作ったのは、会社のデスクの隣に置く収納用の棚。

チラシなど、けっこう身の回りにA3の書類が多いので、
それらの使い勝手の良い収納を優先して、
あとは適当にA4の書類とかが整理できればって思って設計しました。

…で、こうなった。

DIY書類棚2

材料は1000円くらいで買える、
12mmの針葉樹合板(1820*910)1枚でできています。

DIY書類棚1

下のパネルにはスライドレールを組み込んで、引き出し式にしました。
最近、このスライドレールのギミックにハマっています。
ベアリングのスムーズな可動感がたまりません。

今回は割と安く済んだし、
望んだ場所に、適当なサイズのものが作れる、
やっぱり日曜大工は楽しいな。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
DIY | 2015/12/06(日) 23:10
建築現場は宝の山、なんて風に考えております。
特に端材が放られたコンテナの中。

一応筋としては、お客様が購入した建築資材の一部なのだけど、
ゆくゆくはゴミとして、お金を払ってまで処分されてしまうものなので、
だったら、どうせなら再利用してみましょうよ、と。

そんな具合に漁ってみたところ、
いい感じに切り揃えられたフローリング材を見つけたので回収。

フローリング材

さーて、これで何を作ろうかなぁ。

もっともこれらは間違いなく、
『きっと何かに使える』と言い聞かせて、ゴミばかりが増えてしまうパターン。
大掃除の季節だというのに…。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
DIY | 2015/11/30(月) 22:14
例えば木星帰りの天才と呼ばれるパプテマス・シロッコは、
自らの能力を発揮できるMSがない事を嘆き、
高い反応速度と機動性を発揮する、専用機THE-Oを開発した。

宇宙世紀の白き伝説アムロ・レイも来たるべき最終決戦に向け、
自らの経験と、最新の技術をふんだんに採り入れた、
専用機νガンダムを開発。

このように専用機というのは、量産機とは求められる要素が異なり、
ましてや搭乗者自身が設計者であるならば尚更、
技術の粋を尽くして完成させようとするものなのです。

…で、何の話かというと、

今まで作ってきたDIYの中でも特に評判で、
会社の人らのオーダーで、かれこれ10台くらいは作ってきたパソコン台。

パソコン台

こんなやつ。

安価な1×10のSPF材を使って大量生産。
宇宙世紀でいうと、まさにジム的なこれらを、
素材やギミックを一新して、自分用に作ってみることにしました。

これが、俺の持てる技術の粋を集めた、
新しいパソコン台だー!
(プラモ狂四郎風アオリ)

専用パソコン台

ドドーーン

ブラックのカラー化粧板で制作。
おかげで一気に市販品のようなクオリティになりました。
ニトリなんかに売ってるんじゃないか、これ。

専用パソコン台・フルオープン

ポイントは引き出し式の台。
カラカラと小気味の良いレールで可動します。ここにノートとか文具をしまう予定。
左右の足の間のスペースには、後で引き出しを作るか、
何かちょうどいいサイズの出来合いのものでも。

DIYは、あれこれ設計したり、作ってる最中も楽しいが、
目論んだイメージ通りに完成すると最高に気持ちがいい。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »

Thanks Access!

ぱたごに家に戻る

最近のトラックバック
 
月別アーカイブ
 

ブログ内検索
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文: