玩具 | 2017/06/10(土) 17:15
単純に担当者との世代感なのか、
商業的意味合いなのか、

近頃のバンダイは、
お金を持っている(であろう)30代をターゲットにした、
ワクワクするような企画が多い気がします。

魂ウェブでのMETAL ROBOT魂で、
騎士ガンダム(リアルタイプVer.)が出ます。

これは絶対に欲しくなってしまう商品!

だけど細かいこと言うと、
今回のアレンジも悪くないんだけど、
あえてマントは布マントの方が好みだし、

俺の中で騎士ガンダムの顎(赤いパーツ)の形って、
RX-78系統の四角形ではなく、
ゼータに近い三角形の印象なんだよなァ…。

このペースできっと近いうちに、
武者頑駄無とかコマンドガンダムも来るんだろうね。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
玩具 | 2017/04/30(日) 22:51
プラモデルのハイグレードで、
なんかまた新しくゼータガンダムが出ました。

様々な派生機であったり、
後世に技術的なフィードバックを多く遺したゼータガンダムは、
グリプス戦役最高の傑作機と言われているけれど、

こと現実世界においても、似たような事が言える気がします。
これが既に30年以上も前の代物だなんて…。

またプラモ作りたくなったぞ!
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
好きな女性のタイプという質問に「フランカー」なんて答えたら、
きっと冷ややかな反応が返ってくるんだろうな…。

(・⊂⊃・) 気を付けよう。

この前買った、技MIXのSu-27M(フランカー)を組み立てたよ。

Su-27M

うーん、やはり八枚羽のフランカーは美しい。

実は航空機のプラモを作るのはこれが初めてで、
さすが1/144とはいえスケールモデル。

ピンセットが必要な細かい作業や、
パーツの合いの調整、流し込み接着剤の加減など、
パーツ点数の割に四苦八苦、十分手こずらせていただきました。

バンダイのガンプラって、
ほんと作りやすい部類なんだなーと実感。

でも一応完成させれば、この程度の完成度にはなるので、
素人目にはもう十分満足です。
1/144というスケールも、デスクトップに飾るには丁度いいし。

フランカーは全長にして22mくらいあるので、
縦にすると実はガンダムよりも大きかったりします。

お台場で見たガンダムは確かに大きく感じたけど、
この前見たF-15と同じくらいの大きさだと言われると、とても不思議な感じ。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
玩具 | 2016/12/05(月) 20:41
会社のおもちゃ好きの人と戦闘機談義をしていると、
最近だとトミーテックから出ている技MIXという、
彩色済み組立キットのシリーズがなかなか良いらしい。

そいつは知らなかったなぁと思い調べてみると…
http://www.tomytec.co.jp/gimix/

す、素晴らしい。
まさかラインナップにフランカーがあるなんて…。
しかも尻尾とカナード翼が付いている、特に可愛いやつ! ←ちょっと危ない人

そんなわけで、
仮想空自 飛行教導群/ロシア空軍 Su-27M
のキットを購入するのに迷いはなかったぜ。

トミーテックというきちんとしたメーカーでありながら、
航空自衛隊のアグレッサー部隊で運用された場合を想定したSu-27M
という、俺得な設定を平然とやってのける所が、
そこにシビれる! あこがれるゥ!
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
玩具 | 2016/08/24(水) 20:58
最近のミニ四駆の改造トレンドでは、
ニクヌキは流行らないらしい。

何でも、空気抵抗とか強度の面で問題があるんだとか。
…うん。実は当時から何となく気づいてはいました。

だいたい俺ら世代には、
「ニクヌキ(笑)」って単語だけで、無駄に盛り上がること必至。
最近は健康診断の後なんかでも、よくその単語が飛び交いました。

ニクヌキしてメッシュで仕上げるのが、
むしろ当時は最先端のオシャレで。
あのメッシュが、なかなかお店に置いてなかったんだよなぁ。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
玩具 | 2015/10/15(木) 20:51
ヤムチャ

オレにやらせてくれ
ここいらで おあそびは
いいかげんに しろってとこを みせてやりたい





HGヤムチャ

(・⊂⊃・) …死んでる……。

そんな、わざわざ有名なあのポーズを、
本気のクオリティで立体化されてしまったHG ヤムチャ。
この圧倒的な敗北感がたまりません。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
玩具 | 2015/09/21(月) 21:24
本物戦車を見ていたら、
なんか戦車のプラモデルを作りたくなってきたなぁ。

戦車はむかーし、タミヤのを作ったことがある。

その時は、国籍とか時代とか全く分からない状態だったので、
ほぼ間違いなくデザインでキットを選んでいたけど、
たぶんティーガーだったように思う。

今ならやっぱり、10式戦車だよなぁー。
ガルパンつながりでⅣ号もいいけれど。
でも、高そうだし難しそうだ。

そうそう。プラモデルと言えば、
大洗のガルパンギャラリーに展示してあったジオラマ。

劇中の印象的なシーンを再現した作品で、
ただならぬその雰囲気に、つい見入ってしまったけれど、

ただならぬも何も、あれ、
実はまさに情景王こと、山田卓司氏の作品だった事を今になって知った。

いくぞ英雄王
いくぞ、情景王…

武器の貯蔵は十分か
サフの貯蔵は充分か!

いや、たまんねぇなぁ、やっぱり。
これはもう一度行かなければ…。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »

Thanks Access!

ぱたごに家に戻る

最近のトラックバック
 
月別アーカイブ
 

ブログ内検索
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文: