今週のウルトラマンジードは、見ていてつい目頭が熱くなりました。

第8話 「運命を越えて行け」

話的には、いわゆる敗北からの復活・パワーアップ回。
本当はもうちょっと尺を使って、レイトの葛藤と決意を描いてほしかったけど、
そこはいつもの30分番組なので仕方ない。

サラリーマンウルトラマンという立場である伊賀栗レイトというキャラクターは、
恐らく子供人気はいまいちなんじゃないかって思う。

だけど、同じ30代そこそこの、若手お父さん世代にしてみれば、
見ていてじわじわと込み上げてくるものがある…気がします。
等身大の弱さと、強さと勇気が。

世のお父さんは皆、誰だって、いつだって、
守るべき者のために闘うウルトラマンなのです。

それと、これまで無鉄砲な若者といった芝居(cv.宮野真守)のゼロが、
ゼロビヨンドに進化する事で、
落ち着いた、大人の芝居に変わるのが印象的でした。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
同僚の弟さんが役者をやっていて、
「今度、ウルトラマンにゲストで出る」という話を、モヤっと聞いたのが切っ掛けで、
2話目からウルトラマンジードを見ています。

土曜朝の放送後、公式サイトで配信されているので、好きな時に見れて大変便利。

悪役みたいな目をしたウルトラマンだなーって思ったけど、
ベリアルの息子という設定を聞いて納得。
悪の血を引く正義の味方というのが、ジョルノ・ジョバーナみたいで興味深い。

ウルトラマンのフォームチェンジはティガの頃からあったけど、
最近はそれも、仮面ライダーみたいなガジェット変身なんだね。
ウルトラマンレオの「イヤァ!!」 という野太い掛け声が好きです。

ちなみに、冒頭で紹介した弟さん。
名前も役名も知らないので、
既に出たのか、今度出るのか、どの人なのか、いっさい謎。

まぁ、そんな事は関係なく、普通に毎週楽しく見ています。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
スーパー戦隊シリーズも、気が付けばもう41作目になるのかぁ。
何度か休止期間のあった仮面ライダーやウルトラマンと違って、
こっちは途切れることなく続いていたものなぁ。

土曜とか金曜の夕方に放送していた頃が懐かしい…。

さて。私が年間通して見てきた中で、
独断と偏見でいくつか印象的なタイトルを挙げるとしたら、

やっぱり、ジェットマン、ダイレンジャー、タイムレンジャー、
デカレンジャー、シンケンジャーって所ですかね。

エポックメイキング的な意味では、
ライブマンとジュウレンジャーも外せない!

ここ暫くは、もうずっと見ていないから、
最近の作品でも評価の高いタイトルは沢山あると思うけどね。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
特撮 | 2017/05/22(月) 22:06
シシレンジャーを演じた能見達也さん死去 突然の訃報に俳優仲間からの哀悼相次ぐ

(・⊂⊃・) まじか…。

つい最近も、シシレンジャーの名乗りポーズをリスペクトしたばかりだというのに。
亮 や将児の気の利いたコメントが、また泣かせます。

どうか天に輝く星々のひとつとなって、
未来永劫、平和を見守って下さい。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
特撮 | 2016/08/31(水) 18:52
『宇宙刑事ギャバン』と『特捜戦隊デカレンジャー』が、
チームを結成したスペース・スクワッドとか、もう、なんという俺得!

ヒーローものであり、
刑事ドラマ的なつくりのデカレンジャーは、
今まで見てきた戦隊ものの中でも上位でした。

そういえばシグナルマンとドギーが知り合いってのは何設定だっけ?
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
特撮 | 2016/07/05(火) 00:50
さて、この空を守ったのは、一体誰なんでしょうか?
なあ、乾…


(T⊂⊃T) ぶわっ

やっと借りれたので、去年くらいにDVDで出た、
仮面ライダー4号のVシネマを見た。

一応、物語のメインは仮面ライダードライブ、
タイトルこそ仮面ライダー4号だけど、
この話の真の主役は、仮面ライダー555・外伝、
あるいは正伝とも呼べるものでした。

作品の評価は人それぞれの捉え方に委ねるけど、
平成ライダーでも特にファイズは思い入れの強い作品だったから、
これはこれで、なかなか良かったなぁ。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
この前見た、宇宙刑事シャリバン NEXT GENERATION に続き、
宇宙刑事シャイダー NEXT GENERATION を見た。

(`⊂⊃´) 焼結!!

やっぱり、ハードなシャリバンあっての、
明るいシャイダーのこの流れだよな。

NEXT GENERATIONの軸で、
ギャバン、シャリバン、シャイダーの追ってきた、
ホラーガール事件もこれで解決。

3人の宇宙刑事、超次元戦闘母艦の揃い踏みってのも、
地球の子供たちが、待ち望んでいた画だったから、また見れて良かった。
惜しむらくは、その相手がちょっと小物過ぎた事か?

序盤の手錠アクションは、同じ坂本浩一監督の撮った、
仮面ライダーW RETURNS(仮面ライダーアクセル)を思い出しました。

やっぱり、たまに特撮もいいよなぁ。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »

Thanks Access!

ぱたごに家に戻る

最近のトラックバック
 
月別アーカイブ
 

ブログ内検索
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文: